メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

コロナ、超正統派指導者の責任 イスラエル・フライ ユダヤ教評論家

イスラエル・フライ氏=イスラエルのテルアビブで2020年6月14日、高橋宗男撮影

 新型コロナウイルス感染の第1波に見舞われた3月から4月にかけて、イスラエルではユダヤ教超正統派の間で爆発的に感染が拡大した。その要因として、超正統派のリーダーが指導力を全く発揮できなかったことを指摘せざるを得ない。

 超正統派の家庭は、世俗派に比べて貧しく子だくさんだ。典型的な例を挙げると、父母と子供9人の家族が3部屋だったアパートを5部屋に改修して暮らす。仮に感染者が出ても、家庭内での隔離はほぼ不可能だ。ウイルス感染に対して、もろい環境が元々あるのだから、超正統派コミュニティーには他の地域以上に徹底した防疫態勢が必要だった。

 だが、超正統派のリーダーは初期の段階で状況の重大さを理解できていなかった。最も権威の高いラビ(宗教指導者)のカニエフスキ氏は3月15日、政府の対策に反して「宗教学校の閉鎖は神が許さない」との見解を示し、「私たちの生活に変更を加える必要はない」と述べた。この結果、超正統派コミュニティーは学校やシナゴーグ(ユダヤ教会堂)の閉鎖に抵抗し、社会的距離をとることに注意を払うのに時間を要した。

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです