連載

もとをたどれば

商品名や社名などにこめられた企業の思いを紹介します。

連載一覧

もとをたどれば

セイコーHD 精巧な時計生産、成功

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
セイコーブランドのロゴマーク=セイコーホールディングス提供
セイコーブランドのロゴマーク=セイコーホールディングス提供

 セイコーホールディングス(HD)は、国産腕時計を初めて世に出し、電池で動くクオーツ式腕時計を世界に先駆けて発売した。社名とブランド名の「SEIKO」には「精巧な時計生産に成功」の意味が込められている。

 1881年に服部金太郎が「服部時計店」を創業。時計の修理と輸入から商売を始め、92年に掛け時計の製造に踏み出す際、工場を「精工舎」と名付けたのが社名の源流だ。1913年には国産初の機械式腕時計「ローレル」を発売した。ところが、23年の関東大震災で店舗と工場が全焼。新作腕時計の…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文601文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集