メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

2020年大統領選 トランプ氏、勝利強調/バイデン氏、厳粛な日 9・11から19年、対照的

 2001年9月の米同時多発テロから19年を迎えた11日、11月の大統領選に立候補している共和党のドナルド・トランプ大統領(74)と民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)が、ともに旅客機が墜落した東部ペンシルベニア州の現場を訪問した。同州は選挙の勝敗を左右する接戦州の一つ。時間差の訪問だったため、両氏の対面はなかった。

 この日はトランプ氏がテロとの戦いの勝利を誓う演説で指導力をアピールしたのに対し、バイデン氏は政策的発信を自制して「追悼の姿勢」を強調。両氏が対照的な対応を見せた。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです