メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.中川のがんのヒミツ

日本にはびこる「迷信」

 <くらしナビ ライフスタイル>

 2017年時点のデータでは、男性が一生涯に何らかのがんになる確率は65・5%、女性は50・2%です。今や、日本人男性の3人に2人が、がんになる時代と言えます。しかし、日本人のがんについての知識はお粗末で、「迷信」がはびこっています。

 「うちはがん家系だから心配」などと言う人がいますが、遺伝性のがんは全体の5%程度と例外的です。

 また、昔から、焼き魚などの「焦げ」を心配される方も多いようで、内閣府が09年に公表した「がん対策に関する世論調査」でも、がんを予防するために日本人が実践している生活上の注意点のトップは「焦げた部分は避ける」(43・4%)で、「たばこは吸わない」の42・7%を上回っています。しかし、焦げだけを毎日トン単位で食べ続けないかぎりは、がんが増えることはまずありませんから、あまり気にする必要はありません。

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 検証プラス・新型コロナ 経済対策迷走①特別定額給付金 「一律10万円」で綱引き、遅れた給付

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです