メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.中川のがんのヒミツ

日本にはびこる「迷信」

 <くらしナビ ライフスタイル>

 2017年時点のデータでは、男性が一生涯に何らかのがんになる確率は65・5%、女性は50・2%です。今や、日本人男性の3人に2人が、がんになる時代と言えます。しかし、日本人のがんについての知識はお粗末で、「迷信」がはびこっています。

 「うちはがん家系だから心配」などと言う人がいますが、遺伝性のがんは全体の5%程度と例外的です。

 また、昔から、焼き魚などの「焦げ」を心配される方も多いようで、内閣府が09年に公表した「がん対策に関する世論調査」でも、がんを予防するために日本人が実践している生活上の注意点のトップは「焦げた部分は避ける」(43・4%)で、「たばこは吸わない」の42・7%を上回っています。しかし、焦げだけを毎日トン単位で食べ続けないかぎりは、がんが増えることはまずありませんから、あまり気にする必要はありません。

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 首相「差し控える」連発 初の代表質問、議論かみ合わず ヤジに自ら「静かに」

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです