メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラック・チェンバー・ミュージック

/397 阿部和重 写真・相川博昭

「なにかおかしいことでもありましたか?」

 韓がにやにやしているふうに見えるのが気にかかり、横口健二はなぜかと訊(たず)ねながら伝票ホルダーをメラミンテーブルに載せた。エレベーターで三階にあがり、受付で指定された三〇八号室へふたりで入ったところだが、彼女はその間なんとなく、意味ありげな微笑(ほほえ)みを浮かべているように感じられたのだ。

 韓は眉尻のさがった顔つきで首を横に振り、「いえ特に」とかえしてきた。笑っていたことすら身におぼえがないといった様子だ。

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです