メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

鑑賞主体の器と日英陶芸=外舘和子

マーティン・スミス「円錐形の空隙」 2013年 益子陶芸美術館蔵

 日本で陶芸に目覚めた英国人バーナード・リーチが濱田庄司と共に、1920年、英国セント・アイヴスで東洋風の登り窯を築き、リーチ工房がスタートして100年が経(た)つ。それは従来の大規模製陶所の生産スタイルとは異なる、陶芸家個人が小規模の仕事場を持ち制作するスタジオ・ポタリーの起源でもあった。

 リーチ工房の最初期を支えた濱田庄司もまた23年、主に純粋美術を扱うロンドンの画廊で初個展を開き、陶芸作家として本格的に出発している。濱田ゆかりの地、栃木の益子陶芸美術館ではこの100年を機に「英国で始まり 濱田・リーチ 二つの道」展(11月8日まで)が開催中だ。二人の親交は、東西交流による先駆的陶芸家の誕生という意義だけでなく、その後の両国の陶芸観にも影響を及ぼしたと考えられる。

 2002年、私が英国の美術館テート・セント・アイヴスの企画展の仕事で同館の女性館長と陶芸論を交わした折のこと。彼女は英国人陶芸家マーティン・スミスの作品について「器の形をしているけど入れ物じゃないのよ」と主張した。スミスの作品「円錐形の空隙」も、二つの器の距離を作家が厳密に指定した、器のインスタレーションである。「英国にはそういう“器の形をした造形表現”をする人が結構いますね。実は日本もそうです…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文1080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです