メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来への手紙プロジェクト

柊君へ(みちよばあばさん)

柊(ひいらぎ)君へ

 君がママのおなかにいるとき、重篤な心疾患があると知らされました。だから、未熟な私は君が生まれたとき「おめでとう」と伝えられませんでした。君の名前は、柊の葉のトゲがあらゆる厄災を退けるようにとの願いで、パパとママがつけました。君は可愛かった。私は神様から頼まれた子なのだと思いました。

 3度の手術や付随するいくつかの病での入院を乗り越えた君は、ハンディを抱えながらも家族に愛されて成長し、もう6年生になりました。周りの心配をよそに君自身は楽天的で笑顔の似合う前向きな少年になりましたね。今、パパやママは君にふさわしい中学校を迷いながら探しています。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです