メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポルタージュ

事件はささやく 由惟は悪くなかった 娘の事故死、真相追った母

事故現場に花を供え、通り過ぎる車を見つめる児玉由惟さんの母千穂さん=埼玉県八潮市新町で2020年6月24日午前10時23分、橋本政明撮影

 埼玉県八潮市で3年前の秋、自転車で登校していた女子高校生(当時16歳)が後ろから来たトラックにはねられて死亡する事故があった。トラックに過失はないとされたが、遺族が入手した映像の独自鑑定がきっかけとなり、運転手は2年2カ月後に一転して罪に問われることになった。「娘は悪くない」と信じ続けた遺族の日々をたどった。【中川友希】

 冷たい雨が降っていた。2017年10月19日午前6時半ごろ。「また雨かあ。行ってきます」。県立八潮南高校1年で野球部マネジャーだった児玉由惟(ゆい)さんは、授業前の部活の朝練に向かうため、自転車で自宅を出た。母親の千穂さん(47)は「車で送っていくよ」と心配して話しかけたが、雨が弱まったこともあり「行ってらっしゃい」といつも通り見送った。

この記事は有料記事です。

残り2788文字(全文3121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「ナボナ」の亀屋万年堂 シャトレーゼが買収 和菓子拡充

  4. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです