メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

マーティン・エデン 上流階級に憧れる若者 努力の後のつらい終幕

 いくら這(は)い上がろうと努力しても暮らしはよくならない。それは、人間の苦しみの源にあるのは資本主義だからだ。19世紀社会主義運動のパンフレットみたいですが、2020年の世界を見回すとぴったりとくる言葉です。昔は福祉国家の時代には階級対立が過去のものになるなどと言われましたが、いまではその議論こそ過去のものとなってしまい、資本主義と階級対立が問われる時代が再来しました。

 そんな時代にお勧めしたいのがこの映画。プロレタリア出身で学校教育も満足に受けていない若い男がブルジョア家庭の女性に恋をして、作家を志すという物語。まさに若い芸術家の肖像ですが、味つけは辛口です。

この記事は有料記事です。

残り1352文字(全文1637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 「全世代でGoTo事業停止を」専門家から噴き出す批判 東京都の高齢者自粛で

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです