メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

優先相続させたい引きこもりの息子

 Q 優先相続させたい引きこもりの息子

 夫婦と、体調を崩し引きこもった状態の息子とで暮らしています。他に3人の子がいますが既にそれぞれ所帯を持っています。持ち家や残せる金融資産は当息子に優先的に相続させたいと考えています。実現は可能でしょうか。(男性、60代)

 A ご相談者のケースのみならず、人生という長い時間を過ごすうちに複数人の子に対してそれぞれ複雑な感情を持つようになり、財産を均等に残したくない、優先的に残したい子がいるという方からのご相談は当窓口に寄せられる代表的な相談事例のひとつです。

 そもそも築き上げた財産は本人の思い通りに次世代に引き継ぐのが理想的な相続のかたちです。ただし、本人の死後、その相続財産がきっかけで家族が争う状態になることだけは避けたいものです。遺言書を利用すれば、財産の名義人の思い通りの相続が可能となります。極端な例になりますが、配偶者のみや1人の子のみ、更には相続人以外の人に財産全部を相続させることも遺言書を使えば実現可能です。一方、相続人には遺留分という民…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです