メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

優先相続させたい引きこもりの息子

 Q 優先相続させたい引きこもりの息子

 夫婦と、体調を崩し引きこもった状態の息子とで暮らしています。他に3人の子がいますが既にそれぞれ所帯を持っています。持ち家や残せる金融資産は当息子に優先的に相続させたいと考えています。実現は可能でしょうか。(男性、60代)

 A ご相談者のケースのみならず、人生という長い時間を過ごすうちに複数人の子に対してそれぞれ複雑な感情を持つようになり、財産を均等に残したくない、優先的に残したい子がいるという方からのご相談は当窓口に寄せられる代表的な相談事例のひとつです。

 そもそも築き上げた財産は本人の思い通りに次世代に引き継ぐのが理想的な相続のかたちです。ただし、本人の死後、その相続財産がきっかけで家族が争う状態になることだけは避けたいものです。遺言書を利用すれば、財産の名義人の思い通りの相続が可能となります。極端な例になりますが、配偶者のみや1人の子のみ、更には相続人以外の人に財産全部を相続させることも遺言書を使えば実現可能です。一方、相続人には遺留分という民…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名すると名前や住所が公開される」はミスリード

  5. くらしナビ・ライフスタイル 正しい性知識、アプリで提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです