メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

半沢直樹の虚と実 現実の「タスクフォース」が見た帝国航空再建のリアルとは

「半沢直樹」第7話の一場面。半沢直樹(堺雅人、前列右)は、開発投資銀行の谷川幸代(西田尚美)と連携し、タスクフォースの債権放棄の要求を敢然とはねのける=TBS提供

 放映中の人気ドラマ「半沢直樹」の帝国航空編が佳境に入っている。経営危機の帝国航空を舞台に半沢と国家権力が火花を散らすこのストーリー、2009~10年にあった日本航空(JAL)の経営再建が下敷きになっているのはご存じだろうか。ドラマでは政府側の「帝国航空再生タスクフォース」が銀行に債権放棄を突きつける敵役となるが、国と銀行、本当にここまで激しいバトルがあったのだろうか。現実の「JAL再生タスクフォース」を率いた経営コンサルタントの冨山和彦氏に、帝国航空再建のリアルを聞いた。【坂井隆之/統合デジタル取材センター】

 インタビューに入る前に、少し筋書きをおさらいしておこう。ドラマでは航空大手「帝国航空」が経営危機に陥り、準主力行である東京中央銀行の半沢直樹(堺雅人)が再建計画の策定に乗り出す。一方、総選挙の勝利で発足した「進政党」内閣は、国民的人気の高い白井亜希子議員(江口のりこ)を国土交通相に抜てき。白井は帝国航空再建を自らの手柄にするため、弁護士の乃原正太(筒井道隆)をリーダーとする直属組織「タスクフォース」を帝国航空に派遣し、銀行団に「債権の一律7割カット(=借金棒引き)」を突きつける。白井らが銀行団に負担を押しつけようとする背景には、政界のドン、箕部啓治(柄本明)の航空利権を守る意図があった。「この会社は自力での再建が可能だ。安易な債権放棄には応じられない」とたんかを切る半沢は、白井たちと激しい闘いを繰り広げる。

 ――さっそくですが、半沢直樹、毎週見ていますか?

 ◆だいたい見ていますよ。

 ――冨…

この記事は有料記事です。

残り4056文字(全文4715文字)

坂井隆之

1972年、京都市生まれ。広島大学大学院修了。98年毎日新聞社入社。千葉支局を経て、2003年から経済部で日銀、金融庁、財務省などを担当。12年~16年、欧州総局(ロンドン)特派員として、欧州、中東、ロシア、アフリカの経済ニュースをカバーした。20年4月から現職。共著に「AIが変えるお金の未来」(文春新書)など。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです