メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疫病退散祈り 花火2500発 大分・佐賀関の夜空彩る

佐賀関港を照らす打ち上げ花火=大分市佐賀関で2020年9月12日、辻本知大撮影

 大分市佐賀関で12日夜、約2500発の花火が打ち上げられ、赤や黄など色とりどりの大輪が夜空を彩った。

 佐賀関では、7月に予定されていた早吸日女(はやすひめ)神社の夏祭りが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止されたが、花火のみを夏の余韻が残るこの日に順延して打ち上げた。3密を防ぐため事前の宣伝は…

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文286文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです