特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

公立小中学校の太陽光発電装置設置数 福岡県が全国1位 その背景とは

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
太陽光発電設備(奥)がある校庭で遊ぶ児童たち=北九州市若松区西小石町の赤崎小学校で、江刺正嘉撮影
太陽光発電設備(奥)がある校庭で遊ぶ児童たち=北九州市若松区西小石町の赤崎小学校で、江刺正嘉撮影

環境改善、北九州市背景に

 地球温暖化問題が深刻化する中、未来を担う子どもたちへの環境教育が重要な課題になっている。文部科学省は環境教育の一環で、温暖化の原因となる二酸化炭素を発生しない太陽光発電設備などの再生可能エネルギーを学校現場に導入する補助事業を進めている。文科省によると、太陽光発電装置を設置している公立小中学校数は福岡県が全国1位だ。【江刺正嘉】

 文科省は2009年度から、環境に配慮した学校施設の整備などを目的に設置費の助成制度を始めた。同省の最新調査(18年5月1日現在)では、全公立小中学校の31%にあたる9022校が太陽光発電設備を設置。設置率は前回調査(15年)から6ポイント上昇した。

 都道府県別の設置状況は(1)福岡555(2)埼玉516(3)東…

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1292文字)

【気候変動】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集