メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命つなぐ手話 コロナ記者会見で通訳 郡山市「正しい情報、瞬時に伝えたい」

新型コロナウイルス感染確認の記者会見で手話通訳をする渡辺ひろみさん(右)。説明者は塚原太郎・市保健所長=福島県郡山市役所で2020年9月11日、笹子靖撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、自治体が確認した感染例を説明する記者会見が連日、開かれている。福島県内市町村では最多の感染者(11日現在47人)が出ている郡山市の会見では毎回、説明者の脇に聴覚障害者向けの手話通訳をする職員が立ち、「命にかかわる正確な情報をリアルタイムで伝えたい」と同時通訳を行っている。【笹子靖】

 同市は2015年4月、手話の普及を目指す県内初の「手話言語条例」を施行。16年8月の市長記者会見に初めて手話通訳者を配置した。現在は障がい福祉課に国認定の手話通訳士2人、県認定の手話通訳者1人が在籍。コロナ禍以前は市長の定例会見のほか、医療機関、学校などでの手話通訳を中心に行ってきた。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  3. 83年国会答弁、官庁しどろもどろ 「維持か応えられぬ」 野党ヒアリング詳報

  4. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  5. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです