特集

大坂なおみ(テニス)|東京オリンピック

「うつ」告白からの復帰戦。精神的な不安は完全に癒えるはずもないが、母国日本での五輪に参加したい思いがある

特集一覧

大坂なおみが2年ぶり2回目のV 4大大会3勝目 全米テニス

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全米オープン決勝でアザレンカと対戦する大坂なおみ=ニューヨークで2020年9月12日、AP
全米オープン決勝でアザレンカと対戦する大坂なおみ=ニューヨークで2020年9月12日、AP

 テニスの4大大会、全米オープンは12日(日本時間13日)、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝が行われ、第4シードで世界ランキング9位の大坂なおみ(22)=日清食品=が、全豪オープンで2度の優勝経験がある同27位のビクトリア・アザレンカ(31)=ベラルーシ=を1―6、6―3、6―3で降し、2年ぶり2回目の優勝を果たした。4大大会での勝利は2019年の全豪以来で通算3勝となり、女子の李娜(中国)を抜いてアジア勢単独最多となった。ツアー通算6勝目で、優勝賞金300万ドル(約3億1800万円)を獲…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集