メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

声を上げる選手への変化 大坂なおみの戦いの背景に偉大なNBA選手の存在

現役時代はバスケットボール男子米国代表として五輪でも活躍したコービー・ブライアントさん=ロンドンのノースグリニッジ・アリーナで2012年8月12日、佐々木順一撮影

 12日(日本時間13日)にニューヨークで決勝があったテニスの4大大会、全米オープンの女子シングルスで、4大大会3度目のタイトルを獲得した大坂なおみ選手(22)=日清食品=は、人種差別への抗議を続けながら戦った。その背景には、1月に事故で亡くなった米プロバスケットボールNBAで活躍したコービー・ブライアントさんの存在があった。決勝後には「自分が行動してきたことを彼が誇りに思ってくれたら」としみじみと思いをはせた。【浅妻博之】

 全米女王の称号を2年ぶりに取り戻してから約2時間後。大坂選手は記者会見に、ブライアントさんがNBAで所属していたレーカーズのユニホームを着て現れた。テニスバッグのベルトには「KB」の文字が刻まれている。これはブライアントさんの死後、レーカーズの選手がユニホームに付けていた喪章パッチだ。人種差別への抗議を示す黒色のマスクをしながらコートに入場する大坂選…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1278文字)

浅妻博之

毎日新聞東京本社運動部。1982年、新潟市生まれ。スポーツ紙で校閲業務をして、2007年入社。山形支局、東京運動部、大阪運動部を経て、18年10月から東京運動部でテニス、バスケット、カヌーなどを担当。リオデジャネイロ五輪も現地取材して、テニス取材も全豪、全仏、ウィンブルドン、全米の4大大会を制覇した。高麗人参エキスを毎朝飲んで、健康維持を目指す。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです