メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

経済 アベノミクス 日本経済よくなった?

新型コロナ対策で配られるお金のインターネット手続きがうまくいかず、役所の窓口には大勢のひとたちが詰めかけました。マイナンバーカードの暗証番号の再設定などが必要になったためです。大阪市中央区役所の窓口で待合のいすを、間隔を空けて配置するなどしました=大阪市中央区で2020年5月

[PR]

柳原美砂子やなぎはらみさこ 毎日新聞まいにちしんぶん 経済部けいざいぶ副部長ふくぶちょう

 安倍晋三あべしんぞうさんが7ねん8かげつかんつとめた総理大臣そうりだいじんをやめると表明ひょうめいしました。安倍あべさんは景気けいきをよくするための政策せいさく「アベノミクス」をかかげていましたが、日本経済にほんけいざいはよくなったのでしょうか。

 安倍あべさんはアベノミクスの具体策ぐたいさくを「三本さんぼん」とんでいました。1ぽんは、おかね発行はっこうする「日本銀行にっぽんぎんこう」がたくさんのおかね供給きょうきゅうすること。2ほんは、政府せいふ景気対策けいきたいさくおおくのおかねすこと。3ぼんは、さまざまな産業さんぎょうそだてるための「成長戦略せいちょうせんりゃく」を実行じっこうすること――です。

 たしかに、1ぽんと2ほん効果こうかで、大企業だいきぎょうのもうけはえ、株価かぶかがりました。安倍あべさんは、大企業だいきぎょうのもうけがえれば、取引先とりひきさき中小企業ちゅうしょうきぎょうのもうけもえ、はたら人々ひとびと給料きゅうりょうがる、と主張しゅちょうしていました。ところが、ものの値段ねだんがった影響えいきょうのぞいた給料きゅうりょうなやみ、景気けいきがよくなったという実感じっかんうすいままです。

 3ぼん成長戦略せいちょうせんりゃくでは、貿易ぼうえき活発かっぱつにするための協定きょうていおおくのくにむすんだり、外国がいこくから観光客かんこうきゃくんだりしました。ただし、あたらしいビジネスのかべになるふる規制きせい見直みなおしはすすんでいません。IT(情報技術じょうほうぎじゅつ)の活用かつよう不十分ふじゅうぶんです。新型しんがたコロナウイルスの対策たいさくでおかねくばるときも、インターネット手続てつづきがうまくいかず、デジタルおくれがあらわになりました。

 一方いっぽうで、くに地方ちほう借金しゃっきんは、2012ねんまつの932ちょうえんから、20ねんまつに1182ちょうえんまでえる見通みとおしです。安倍政権あべせいけんは2かい消費税しょうひぜい増税ぞうぜいし、くにはいるおかねえましたが、景気対策けいきたいさくなどに使つかうおかねらさなかったからです。将来しょうらい大人おとなになるどもたちにツケをまわしたかたちです。

 人口じんこうなか、どうやって経済けいざい福祉ふくしささえていくのか。日本にっぽんかかえる根本こんぽんてき問題もんだい解決かいけつされていません。アベノミクスがのこした宿題しゅくだいおおきいとえます。


 経済部けいざいぶで、省庁しょうちょう銀行ぎんこう、メーカーなどの取材しゅざい担当たんとう趣味しゅみ散歩さんぽ山歩やまあるき。学生時代がくせいじだい少林寺拳法しょうりんじけんぽうをやっていました。1973年福岡県生ねんふくおかけんうまれ。好物こうぶつは、博多はかたではなまべることがおおいサバ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 検証プラス・新型コロナ 経済対策迷走①特別定額給付金 「一律10万円」で綱引き、遅れた給付

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです