メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米山火事 3州に拡大 オレゴン州、50万人避難準備

山火事の影響でオレンジ色の煙に覆われたゴールデンゲートブリッジ=米カリフォルニア州サンフランシスコで2020年9月9日、AP

 米西部で多発する山火事は、カリフォルニア州からオレゴン、ワシントン両州にも広がり、歴史的な規模となっている。米メディアによると、これまでに3州で東京都の面積の7倍以上に相当する約1万6200平方キロを焼失し、少なくとも33人が死亡。オレゴン州では人口の1割超に当たる約50万人を対象に避難または避難準備をするよう指示が出た。毎年9~10月は強い季節風が吹くため、山火事のさらなる拡大が懸念されている。

 AP通信などによると、州別の死者数の内訳は、カリフォルニア22人▽オレゴン10人▽ワシントン1人。13日も3州で計約100件の大規模火災が起き、3000人以上の消防士が消火活動にあたっている。避難中の住民は数万人に上るとみられる。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂本スミ子さん死去、84歳 歌手・俳優「夢であいましょう」「楢山節考」

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 大阪で新たに525人感染 死亡は14人、6日連続10人以上 新型コロナ

  5. ハローワーク堺でクラスター 職員計11人が感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです