メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

情趣あふれる「日本の怪談」=斉藤希史子

「死神」より、(左から)福岡雄大、福田紘也、五月女遥=写真家・塚田洋一撮影

 夏の怪談として「ジゼル」に登場するウィリを2回にわたり取り上げてきた。無差別に男をとり殺す、死せる乙女たちだ。パリで初演された19世紀半ば、日本では三遊亭円朝が「牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」を書いている。灯籠を提げて夜な夜な若者を訪ねる娘がすでにこの世の者ではなく、ついには彼を道連れに……。先輩ウィリから恋人を守ったジゼルとは対極の、愛の成就である。

 この怪談を8月14日、大和シティーバレエがダンスにした。ゲストの米沢唯と宝満直也が情趣あふれる恋人同士を好演し、若者を救おうとする僧に渡辺拓朗、裏切る仲間が八幡顕光。忠実な女中たちをシティーバレエの面々が務め、「和製ウィリ」と呼びたいすごみを見せた。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです