メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

五木、上原が新ライブモデル=専門編集委員・川崎浩

ブルーノート東京での上原ひろみのソロピアノ演奏=佐藤拓央撮影

 新型コロナウイルス感染の「第2波」も縮小傾向という判断で大規模イベントなどの入場者人数制限の緩和が、政府関係筋で検討されている。医学的知見より社会的解釈がその判断に際して優先されている気がするのは、再開されつつあるライブやコンサートがまだまだ満席でない状況を見て感じるところである。そんな中で、音楽公演の新しい2形態が提案された。

 ジャズピアノの上原ひろみは、8月25日から9月16日まで、東京のライブハウス「ブルーノート東京」でソロピアノの公演を行っている。16日間32公演という長丁場で、演目を4プログラムに分け、各プログラムで1公演、有料配信を行う企画である。会場は約350人定員だが、客の対面席は廃止し、全席がステージ方向を向くように変更して約120席に減らした。客は入り口で消毒・検温し、食事サービスもなくし、飲み物も時…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです