メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辞めたいと思ったこと「何回もある」 菅氏、事実上最後の官房長官会見で吐露

総裁選投票前の「最後」の記者会見で笑顔を見せる菅義偉官房長官=首相官邸で2020年9月14日午前11時22分、竹内幹撮影

 菅義偉官房長官は14日午前、安倍政権の官房長官として事実上最後となる3213回目の記者会見に臨んだ。7年8カ月間務めた官房長官を辞めたいと思ったことはあるかと問われ「何回もある。国会運営がうまくいかない時、(2015年に成立した)平和安全法制(安全保障関連法)とか、眠れないようなことはたびたびあった」と吐露した。

 菅氏は官房長官時代を振り返って「次から次へと新しい課題が来る。それが国家運営だなと痛切に感じている。課題に的確に対応するため、なるべく幅広く現場の皆さんの声をうかがいながら、アンテナを高くするように心がけてきた」と述べた。長く続ける秘訣(ひけつ)については「しっかりとした判断をするには、体調維持が大事で、毎朝散歩などをして調整してきた」と説明。政治の師である故・梶山静六元官房長官を超えたかとの質…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです