特集

2020自民党総裁選

自民党総裁選に関する特集ページです。

特集一覧

辞めたいと思ったこと「何回もある」 菅氏、事実上最後の官房長官会見で吐露

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
総裁選投票前の「最後」の記者会見で笑顔を見せる菅義偉官房長官=首相官邸で2020年9月14日午前11時22分、竹内幹撮影
総裁選投票前の「最後」の記者会見で笑顔を見せる菅義偉官房長官=首相官邸で2020年9月14日午前11時22分、竹内幹撮影

 菅義偉官房長官は14日午前、安倍政権の官房長官として事実上最後となる3213回目の記者会見に臨んだ。7年8カ月間務めた官房長官を辞めたいと思ったことはあるかと問われ「何回もある。国会運営がうまくいかない時、(2015年に成立した)平和安全法制(安全保障関連法)とか、眠れないようなことはたびたびあった」と吐露した。

 菅氏は官房長官時代を振り返って「次から次へと新しい課題が来る。それが国家運営だなと痛切に感じている。課題に的確に対応するため、なるべく幅広く現場の皆さんの声をうかがいながら、アンテナを高くするように心がけてきた」と述べた。長く続ける秘訣(ひけつ)については「しっかりとした判断をするには、体調維持が大事で、毎朝散歩などをして調整してきた」と説明。政治の師である故・梶山静六元官房長官を超えたかとの質…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文663文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集