特集

2020自民党総裁選

自民党総裁選に関する特集ページです。

特集一覧

菅義偉官房長官が377票で自民党新総裁に 岸田氏が2位

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相の辞任表明に伴う自民党総裁選は14日、両院議員総会で投開票され、菅義偉官房長官(71)が7割を超える377票を獲得し、第26代総裁に選出された。2位は89票の岸田文雄政調会長(63)、3位は68票の石破茂元幹事長(63)だった。総裁交代は2012年9月以来で8年ぶり。菅氏の総裁任期は安倍氏の残り任期が満了する21年9月まで。

 菅氏は派閥に所属していない。派閥に属さず、親族から地盤を引き継いだ「世襲議員」でもない総裁の誕生は1955年の結党以来初めて。菅氏は15日に党役員人事を行い、16日に臨時国会で第99代首相に選出される。即日、菅内閣を発足させる予定だ。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1051文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集