メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅義偉官房長官が377票で自民党新総裁に 岸田氏が2位

 安倍晋三首相の辞任表明に伴う自民党総裁選は14日、両院議員総会で投開票され、菅義偉官房長官(71)が7割を超える377票を獲得し、第26代総裁に選出された。2位は89票の岸田文雄政調会長(63)、3位は68票の石破茂元幹事長(63)だった。総裁交代は2012年9月以来で8年ぶり。菅氏の総裁任期は安倍氏の残り任期が満了する21年9月まで。

 菅氏は派閥に所属していない。派閥に属さず、親族から地盤を引き継いだ「世襲議員」でもない総裁の誕生は1955年の結党以来初めて。菅氏は15日に党役員人事を行い、16日に臨時国会で第99代首相に選出される。即日、菅内閣を発足させる予定だ。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. ORICON NEWS 高学歴コンビ・田畑藤本、年内で解散へ「2人とも芸人は続けます」

  3. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  4. 2割負担、年収170万円以上 高齢者医療、520万人 政府調整

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです