メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅新総裁選出 「国会審議を」枝野氏 「国政任せられない」志位氏

立憲民主党の枝野幸男代表=衆院第1議員会館で2020年9月4日午後2時、竹内幹撮影

 菅義偉官房長官が自民党総裁に選出されたことについて、旧立憲民主、旧国民民主両党などで結成する合流新党「立憲民主党」代表に就任する枝野幸男氏は14日、「国会論戦から逃げて衆院を解散することはないと思うが、解散は受けて立つ」と対決姿勢を示した。

 枝野氏は「年内いっぱいかかるくらい国会審議をしないと国民の負託に応え…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  4. プロ野球・阪神、福留を戦力外の方針 球界最年長43歳

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです