メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅新総裁と蜜月の維新「信頼関係が構築された」 大阪都構想進展に期待

松井一郎大阪市長=2020年1月21日、川田雅浩撮影

[PR]

 自民党の菅義偉新総裁が14日誕生し、大阪では維新関係者から歓迎の声が上がる。代表の松井一郎・大阪市長と菅氏の蜜月関係を背景に、官邸と連携して進めてきた2025年の大阪・関西万博や、カジノを含む統合型リゾート(IR)などが一層推進されるとの見方が強いためだ。

 2人の出会いは橋下徹知事が誕生した08年の知事選。松井氏は「大阪が元気になれば日本も元気になるという共有認識のもと連携してきた」と振り返り、維新関係者は「自民党の野党時代も付き合いを続け、信頼関係が構築されたのでは」とみる。安倍晋三首相が目指した憲法改正に維新は積極的で、4人は会食を重ねるなど関係が深い。

大阪府の吉村洋文知事=石川将来撮影

 維新が推進する、大阪市を廃止し四つの特別区に再編する「大阪都構想」を巡っては、11月の住民投票で賛成多数となっても、大阪「都」に名称変更するには法改正か新たに特別法を作る必要がある。維新関係者は菅総裁の下、国会議論が進むと期待する。

 一方、自民党大阪府連内では警戒が強まっている。菅氏は住民投票の実施が確定した3日、官房長官としての記者会見で「都構想について当時自民党は賛成したと思っています」と発言した。12年の根拠法制定時に自民は賛成したが、都構想そのものに賛成したわけではなく、府連幹部が8月19日に首相官邸に赴き、都構想に反対する機関決定をしたと報告したばかり。ある幹部は「とんでもない話だ。賛成の根拠はどこにあるのか」と憤った。

 この幹部は、維新には国会で自民党政権の補完勢力として機能する面があると指摘した上で「維新政治は菅さんの擁護の下に成り立っている」との見方を示す。「大阪で自民が議席を減らそうが、維新をコントロールしさえすれば菅さんを応援する総数は増える」とも話し、新政権誕生で「菅氏と維新とのパイプがより太くなるのでは」と危機感をあらわにした。【芝村侑美、石川将来】

吉村知事「安定した政策の実行を」

 大阪府の吉村洋文知事は14日昼、記者団に「コロナ禍だが、安定した政策の実行をぜひやってもらいたい。大阪と国がしっかり連携しながら大阪の成長を目指していきたい。自民と維新は(国政では)与党と野党なので、是々非々でしっかり打ち出したい」と述べた。【芝村侑美】

松井市長「胸をお貸しいただきたい」

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は「喜怒哀楽を共有できる新総裁の誕生を心からお祝い申し上げたい。政権交代可能な2大政党制を作っていく必要があり、その一翼を担うことのできる政党となるため、胸をお貸しいただきたい」とのコメントを出した。【芝村侑美】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです