防衛相、自衛隊にUFO対応指示 写真や映像で記録求める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
河野太郎防衛相
河野太郎防衛相

 河野太郎防衛相は14日、自衛隊員が未確認飛行物体(UFO)などを確認した際に、写真撮影や情報の分析に当たるよう指示を初めて出した。米国防総省が今年4月、「謎の空中現象」の映像を公開したことを受け、河野氏が自衛隊としても対応する方針を示していた。

 指示では、情報収集や警戒監視、領空侵犯に対する緊急発進(スクランブル)などに当たる自衛隊員が、日本の防衛や警備に影響…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

注目の特集