メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンクG アーム4.2兆円で米企業に売却 財務改善へ資金化

 ソフトバンクグループ(SBG)は14日、保有する英半導体開発大手アームの全株式を最大400億ドル(約4兆2000億円)で米半導体大手エヌビディアに売却すると発表した。売却で得た資金で財務改善を図るとともに、売却資金の一部をエヌビディアの株式で受け取り同社の主要株主となることで、SBGの企業価値を向上させたいとしている。

 取引完了は2022年3月ごろの予定で、SBGはエヌビディア株の約6・7~8・1%を保有することになる見通し。今後はエヌビディアの主要株主としてアームに関わることになる。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです