メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米の山火事3州に拡大 オレゴン州50万人避難対象に 大気汚染も深刻化

山火事が拡大する中、火災現場に急行する消防車=米カリフォルニア州で2020年9月7日、AP

 米西部で多発する山火事は、カリフォルニア州からオレゴン、ワシントン両州にも広がり、歴史的な規模となっている。米メディアによると、これまでに3州で東京都の面積の7倍以上に相当する約1万6200平方キロを焼失し、少なくとも33人が死亡。オレゴン州では人口の1割超に当たる約50万人を対象に避難または避難準備をするよう指示が出た。毎年9~10月は強い季節風が吹くため、山火事のさらなる拡大が懸念されている。

 AP通信などによると、州別の死者数の内訳は、カリフォルニア22人▽オレゴン10人▽ワシントン1人。13日も3州で計約100件の大規模火災が起き、3000人以上の消防士が消火活動にあたっている。避難中の住民は数万人に上るとみられる。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです