メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米TikTok事業、オラクルに売却か 交渉期限目前 マイクロソフトは脱落

TikTok(ティックトック)の看板=8月、米カリフォルニア州(ゲッティ共同)

 米メディアは13日、中国系の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業の売却交渉を巡り、米ソフトウエア大手オラクルが技術パートナーに選ばれたと報じた。トランプ大統領が15日とする売却期限を前に、交渉が進展したもようだ。事業買収に名乗りを上げていたマイクロソフトは13日、ティックトック側から売却しないとの通知があったと発表した。

 ロイター通信によると、ティックトックを運営する中国IT企業の北京字節跳動科技(バイトダンス)は、米政府によるティックトックの米国事業の禁止を免れる一方で、中国政府からも承認を得られるようにするため、事業売却ではなく、提携にしたという。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅語を考える 国語学者・金田一秀穂さんが読む首相の「姑息な言葉」 すり替えと浅薄、政策にも

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. はやぶさ2カプセルを回収 地球帰還、豪砂漠に着地 JAXA発表

  4. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  5. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです