メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米TikTok、オラクルと提携で合意 事業売却ではない方向 米政権の判断注目

TikTok(ティックトック)の看板=8月、米カリフォルニア州(ゲッティ共同)

 ムニューシン米財務長官は14日、人気動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業の売却交渉を巡り、運営する中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)が米IT大手オラクルとの提携で合意したと明らかにした。米財務省などが提携案の内容を精査する。米テレビで語った。トランプ政権が想定していた完全な事業売却ではなく提携にとどまりそうで、容認するかどうか政権の判断が注目される。一方、買収に名乗りを上げていた米マイクロソフトは13日、バイトダンスが買収提案を拒否したと発表した。

 米メディアによると、バイトダンスとオラクルは「信頼できる技術パートナー」として協力することで合意した。ただ、ティックトック米国事業の完全な売却の形にはならず、提携を通じオラクルが米国外への情報流出を監視する見通し。

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです