ベラルーシで5週連続大規模デモ 首都ミンスク、15万人参加 774人拘束

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
治安部隊に拘束されるデモ参加者=ベラルーシの首都ミンスクで2020年9月13日、AP
治安部隊に拘束されるデモ参加者=ベラルーシの首都ミンスクで2020年9月13日、AP

 大統領選の結果に対する抗議活動が続く旧ソ連のベラルーシで13日、5週連続となる大規模なデモが各地で行われた。インタファクス通信などによると、首都ミンスクでは15万人以上が参加し、全土では774人が拘束された。ルカシェンコ大統領の6選が発表された8月9日の大統領選後、主に日曜日に大規模デモが続き、政権側は抗議の声を抑え込めない状況になっている。

 13日のデモは、国外追放を拒み、自らパスポートを破って拘束されることを選んだ反政権派幹部のコレスニコワ氏らをたたえるため、「英雄たちの行進」と名付けられた。ミンスクではデモ隊が政府高官の住宅が集中する市北部の高級住宅街を目指して行進。多くは手前の幹線道路を封鎖した治安部隊に行く手を阻まれたが、一部は住宅街に進入。これに対し治安部隊は警告射撃を行うなどして排除した。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文690文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集