メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BLMたたく日本語SNS 大坂なおみ選手にも矛先 「権力者の言葉」あふれ

BLM運動の起点となったトレイボン・マーティンさん殺害について回想し、マーティンさんの名が記されたマスクをつけた自らの姿も発信した大坂なおみ選手のツイート=ツイッターから

 黒人に対する警察などの暴力行為を含む人種差別に反対する形で始まった運動「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大事だ、BLM)」。テニスの全米オープンで12日に優勝した大坂なおみ選手が支持を表明したこともあり、日本でも注目されている。ただ、日本語圏のSNSの一部ではBLMへの激しい攻撃も見られ、大坂選手への批判も続く。なぜなのか。探ってみた。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

「BLMはテロ」日本語で批判 本来は貧困や暴力対抗が起点

 「BLM暴動で家を焼かれた人、殺された人がいる」「BLMは極左暴力集団でテロリスト」「BLMは米国での差別横行を強調する中国共産党のプロパガンダ」「BLMはアジア人の差別については何も言わない」。ツイッター上には、BLMを非難する日本語の投稿は少なくない。

 大坂選手は優勝後の記者会見で、人種差別の問題について「みんなに議論してほしかった」とBLM支持表明の理由を説明した。彼女に対しても、「黒人優遇運動をテニスに持ち込んだ」「テロリスト支持のプロパガンダ」などの批判が見られる。しかし、こうした主張に、どこまで根拠があるのだろうか。

 まず、BLMについて振り返ってみよう。運動として始まったのは2013年。きっかけは、黒人高校生のトレイボン・マーティンさん(当時17歳)を12年2月に射殺した自警団員が、裁判で無罪となったことへのオンライン抗議だった。

 BLMの創設者とされるのは3人の性的少数者の黒人女性だ。その一人、パトリス・カラーズさんは、社会資本を警察や監獄を通じた監視や処罰の強化から貧困や暴力に直面する共同体に「再投資」して、雇用創設や住宅供給を行うことを主張してきた。

 BLM運動のウェブサイトには、「我々は包括的で幅広い運動を信じる」「黒人コミュニティーにありがちな偏狭さを克服しなければならない」といった説明が掲げられ、性的少数者や女性、障害者や非正規滞在者、過去に犯罪歴のある人などの支援も強調する。

「米史上最大の運動か」参加者1500万~2600万人

 創設後、BLMは中央組織のない、さまざまなグループの緩いネットワークとして拡大を続けてきた。14年にも黒人のマイケル・ブラウンさん(当時18歳)が白人警官に射殺された事件などをきっかけに、BLM関連の激しいデモが各地で発生している。

 運動が再び注目を集めたのが、今年5月下旬だ。中西部ミネソタ州で黒人男性ジョージ・フロイドさん(46)が取り締まりの警官に膝で首を押さえつけられて死亡した事件が発生。これをきっかけに、BLMデモは全米各地や日本を含む海外にも広がった。米ニューヨーク・タイムズ電子版の7月3日の記事によると、この時点で少なくとも1500万~2600万人が参加。「米史上最大の運動か」との見方も出た。

 米国民の支持はどうか。オンライン世論調査会社「Civiqs」によると、BLMの支持率は6月上旬に53%に上昇した後、9月11日には49%に低下。反対は同期間に28%から38%にまで10ポイント伸びている。

 反対が目立つのは65歳以上(46%)や男性(同)、共和党支持者(81%)、白人などだ。支持が高いのは18~34歳の若者(63%)、大学院卒業者(53%)、民主党支持者(89%)、黒人(89%)となっている。11月の大統領選挙の構図で見れば、トランプ米大統領支持者は反対の割合が、バイデン前副大統領支持者は賛成の割合が高いとの傾向が読み取れる。

平和的なデモが大多数 それでも「暴力的」な印象

 BLM反対論…

この記事は有料記事です。

残り2108文字(全文3578文字)

和田浩明

1991年4月入社。英文毎日編集部、サイバー編集部、外信部、大阪社会部を経て2003年10月から08年3月までワシントン特派員。無差別発砲事件、インド洋大津波、イラク駐留米軍や大統領選挙を取材。09年4月からはカイロに勤務し、11年1月に始まった中東の民主化要求運動「アラブの春」をチュニジア、エジプト、リビア、シリア、イエメンで目撃した。東京での中東、米州担当デスク、2度目のワシントン特派員などを経て2019年5月から統合デジタル取材センター。日本社会と外国人住民やLGBTなどの今後に関心がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです