メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

安倍首相辞任表明 森・元首相が語る 会見前夜に電話、元気になったと思った

すし屋のカウンターで、安倍晋三首相辞任表明について語る森喜朗元首相=東京都港区で2020年9月10日、梅村直承撮影

 おそらく安倍晋三首相の突然の辞任表明を最大の驚きと惻隠(そくいん)の情をもって受け止めたのは東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相(83)ではないか。なにせ政治の師であり、自らも首相在任中、ひそかにがんを抱えていた身だからでもある。その思いを2時間半たっぷり聞いた。

 「昼メシを抜いたよ。久しぶりにすしが食いたくてね」。インタビューを申し込んだら、森さん、行きつけのすし屋でどうだ、と。安倍首相辞任の舞台裏が聞けるなら、と10日夜、私は東京・六本木にある隠れ家すし屋へ駆けつけた。「そういえば、ここは十数年前にも来たな。あのときは福田康夫首相の後継候補をすしネタにたとえて話したんだったかね」。安倍首相が8月28日に電撃辞任の記者会見をして2週間、怒濤(どとう)の日々が過ぎ、ようやくひと息つきたくなってもいたのか。好物のコハダをつまみながら、薄めのハイボールを傾ける。すし屋のご主人が「ひいきにしていただいた渡哲也さんもコハダがお好きでした」と懐かしむと「私も旅立ちが近いのかな」と森さん。

 「あれは辞任会見前夜の9時45分だった。明日、安倍さんが会見するというので、家から携帯で電話しました。社会部の記者が多いはずだから、しっかりお願いしますよ、解散とか人事にもちょっと触れて、やる気のあるところを見せるようにしてください、と。安倍さんはそうする、と言った。ああ、元気になってよかった、と思ったんです。安心してたら、翌朝からなにやらおかしな空気だ。テレビで安倍辞任のニュース速報が流れ、午…

この記事は有料記事です。

残り2207文字(全文2865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. ダム湖の流木、無償提供が人気 「ストーブのまきに」 処分費削減にも貢献 岩手

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです