メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 蒼海の碑銘 海底の戦争遺産 戸村裕行さん ゼロ戦や艦艇、撮る使命

写真集「蒼海の碑銘-海底の戦争遺産」を出版した水中写真家の戸村裕行さん=東京都新宿区のイカロス出版で2020年9月9日、宮間俊樹撮影

 ■蒼海の碑銘―――海底の戦争遺産 戸村裕行(とむら・ひろゆき)さん イカロス出版・2970円

 マーシャル諸島・ビキニ環礁の戦艦「長門」と、パラオ・コロール島近海の「ゼロ戦」。あるいはフィリピン・コロン湾の給糧艦「伊良湖」……。戦史に詳しい読者ならば、撮影されたリストを見て本書のテーマが察知できるかもしれない。ダイビングの世界でいう「レック」(沈んでいる船や航空機など)、ことに第二次世界大戦に関わるものを記録した写真集だ。

 「もともとダイビングはレジャーでした。仕事にするつもりはなかったんです」。しかし潜る経験を重ねるにつれ、「海の中のことを知ってもらいたい」と、水中写真家として歩き始めた。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです