メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 蒼海の碑銘 海底の戦争遺産 戸村裕行さん ゼロ戦や艦艇、撮る使命

写真集「蒼海の碑銘-海底の戦争遺産」を出版した水中写真家の戸村裕行さん=東京都新宿区のイカロス出版で2020年9月9日、宮間俊樹撮影

 ■蒼海の碑銘―――海底の戦争遺産 戸村裕行(とむら・ひろゆき)さん イカロス出版・2970円

 マーシャル諸島・ビキニ環礁の戦艦「長門」と、パラオ・コロール島近海の「ゼロ戦」。あるいはフィリピン・コロン湾の給糧艦「伊良湖」……。戦史に詳しい読者ならば、撮影されたリストを見て本書のテーマが察知できるかもしれない。ダイビングの世界でいう「レック」(沈んでいる船や航空機など)、ことに第二次世界大戦に関わるものを記録した写真集だ。

 「もともとダイビングはレジャーでした。仕事にするつもりはなかったんです」。しかし潜る経験を重ねるにつれ、「海の中のことを知ってもらいたい」と、水中写真家として歩き始めた。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです