メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特薦盤

歌謡曲・ポップス 川崎浩・選

菅原洋一のアルバム「和みⅡ」

 ■菅原洋一/和みⅡ―87才の私からあなたへ―(徳間)

 「終戦の夏、私は12歳になるところでした。その後、ラジオから流れてきた歌の数々は、心の糧でした」と、8月21日に87歳になった菅原洋一は歌との出合いを振り返る。「今年はそこから75年の節目の年ですから、このアルバムは絶対出したかった。録音ができて本当に夢のよう」と完成を喜ぶ。

 1950年前後の「喫茶店の片隅で」「巴里の夜」「君待てども」「懐しのブルース」「長崎の鐘」「港が見える丘」「ここに幸あり」など、庶民を元気付けたり寂しさを癒やしてくれたりした歌を中心に選曲。菅原は、優しく温かい声で名曲に新たな表情を与える。鮮明なデジタル映像ではなく、古いモノクローム写真が張られたアルバムのページを、菅原の思い出を聞きながら共にめくっている感覚である。伴奏はほぼピアノだけで、曲に…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです