メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

づぼらやと生んだ定番 「旭ポンズ」開発の手がかりに

「旭ポンズ」の誕生秘話を語る旭食品の高田悦司社長=大阪府八尾市で2020年9月4日、菱田諭士撮影

 大阪・新世界のフグ料理店「づぼらや」(大阪市浪速区)が15日に閉店し、100年の歴史に幕を下ろす。戦後間もない時代からフグ料理を庶民に根付かせた同店は、実はもう一つの「味」が生まれるきっかけになっていた。「大阪の食い倒れ」と称される食文化を育んできた老舗の店じまいに、常連客や関係者からは惜しむ声が上がっている。

 「づぼらやがなければ、うちのポン酢は生まれなかった」。関西で人気の「旭ポンズ」を作る旭食品(大阪府八尾市)の高田悦司社長(67)は振り返る。ポン酢がまだ家庭に普及していなかった半世紀前から、製造を続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです