メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・食べる・つながる

川口市 鳩ケ谷ソース焼きうどん 地産にこだわり各店工夫 合併前に市名を残す /東京

 ソースの焼ける音と香ばしい匂いが店内に漂い、いやが応でも食欲中枢を刺激する。ソースで炒めるとくれば焼きそばが定番だが、主役の一つが「うどん」なのが「鳩ケ谷ソース焼きうどん」。荒川を挟んで東京都と隣接する埼玉県川口市のご当地グルメだ。関東近辺ではしょうゆが主流の焼きうどんだが、ソースになったのには深い訳があった。【鈴木篤志】

 ソース焼きうどんを提供しているのは、埼玉高速鉄道の鳩ケ谷駅と南鳩ケ谷駅周辺を中心に約20店舗。案内してくれた鳩ケ谷商工会の千葉和平さん(32)が話す。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです