メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災通信

/5 マイタイムライン 「逃げ方」を決める /愛知

台風10号の影響で川のようになった道=愛知県稲沢市で2020年9月7日、川瀬慎一朗撮影

 いよいよ台風シーズンの到来である。台風は毎年、ほぼ例外なく日本列島に上陸する。大型で非常に強い台風10号が、九州全域を暴風域に巻き込んで大きな爪痕を残した記憶は生々しい。この先、台風や豪雨水害に襲われたとき、我が家や我が身はどうなるのか。不安を感じている人は少なくないだろう。

 災害が発生した際、どのような行動を取るべきかを事前に考え、決めておく行動計画を「マイタイムライン」と呼ぶ。言い換えれば、“自分の逃げ方”を手に入れるということだ。

 自治体の避難勧告や避難所の開設情報を待つのではなく、自分で考えたマイタイムラインに従って、早々に自分の行動起点を決めておくのだ。あらかじめ自分の避難先・避難方法なども決め、起こり得る災害をかわそうとする試みだ。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  3. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  4. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

  5. ORICON NEWS キャンディーズの伝説のコンサートがデジタルリマスターで蘇る 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです