特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

自民総裁選 菅氏、府内も制す 国会議員票、半数集める /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選の予備選で開票作業をする党職員ら=京都市中京区のホテルで2020年9月14日午前9時12分、小田中大撮影
自民党総裁選の予備選で開票作業をする党職員ら=京都市中京区のホテルで2020年9月14日午前9時12分、小田中大撮影

 菅義偉官房長官が新総裁に選ばれた14日投開票の自民党総裁選。5派閥の支持を得た菅氏は、府内の党所属国会議員(8人)の投票でも、少なくとも半数を獲得。府連票(3票)の配分を決める党員・党友の予備選でも菅氏が最多の2票を獲得し、幅広い支持を得た。新総裁選出に、府内の国会議員からは「新型コロナウイルスの一日も早い終息と経済の立て直しを」と、コロナ対策強化を求める声が出た。【矢倉健次、松野和生、鈴木健太郎、小田中大】

 毎日新聞は府内の衆参選挙区で活動する国会議員8人を対象に、総裁選の投票先を尋ねた。伊吹文明元衆院議長(京都1区)▽安藤裕衆院議員(京都6区)▽二之湯智参院議員(京都選挙区)――の3人は投票先を明らかにしなかった。

この記事は有料記事です。

残り1354文字(全文1668文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集