メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バスケットボール 「優勝とB1昇格を」 プロバスケ・西宮ストークス、市役所を表敬 /兵庫

記念撮影する西宮ストークスの谷直樹主将(右から2人目)、渡瀬吾郎社長(同4人目)、マティアス・フィッシャー監督(同5人目)らと石井登志郎市長(同3人目)=兵庫県西宮市で、井上元宏撮影

 プロバスケットボールBリーグの開幕(10月2日)を前に、同2部(B2)の「西宮ストークス」のスタッフ・選手が14日、西宮市役所を表敬訪問した。新型コロナウイルス禍で3月に昨季の残り全試合が中止されるなど厳しい状況が続くが、市内の船舶電子機器メーカー、古野電気がメインスポンサーになるなど支援も広がる。谷直樹主将(32)は「チーム一丸で優勝とB1昇格を目指し、西宮のみなさんに楽しんでいただける試合をしたい」と抱負を述べた。

 ストークスは昨季の戦績は29勝18敗。今季は1部の大阪エヴェッサのベテラン、今野翔太選手(35)らを迎え、マティアス・フィッシャー監督は「非常に強いチームになるポテンシャルを感じている」と手応えを語った。新型コロナの影響で入国がずれ込んでいた3人の外国人選手も近く合流できる見通しという。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 山梨のキャンプ場女児不明 両親が新たな写真を公開 

  4. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです