特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

自民総裁選 県連、菅氏に2票 得票トップ、期待の声 /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
予備投票の開票作業=松山市道後町2の県民文化会館で、木島諒子撮影
予備投票の開票作業=松山市道後町2の県民文化会館で、木島諒子撮影

 14日投開票された自民党総裁選は、菅義偉官房長官が石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長を大差で破って選出された。県内でも予備投票で菅氏がトップを獲得。安定した政権運営や経済対策へ期待の声があがる一方、加計学園問題など安倍政権が残した「負の遺産」への説明を改めて求める声も聞かれた。【中川祐一、木島諒子、遠藤龍、松倉展人】

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1026文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集