メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

自民総裁選 「完勝」菅氏、人事試練 支持5派閥、優遇迫る

自民党の新総裁に選出された菅義偉官房長官(中央)と岸田文雄政調会長(左)石破茂元幹事長(右)=東京都内のホテルで2020年9月14日、長谷川直亮撮影

 14日投開票された自民党総裁選は菅義偉官房長官(71)が国会議員票、地方票とも圧勝する「完勝」を収めた。次の焦点となる党役員・閣僚人事は菅新総裁にとって最初の関門だ。敗れた岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)は来年9月の任期満了に伴う総裁選に向けて戦略を練り直す。

 党内7派閥のうち菅氏を推した5派閥は論功行賞人事を求め、意に沿わない場合は反旗を翻す構えすら見せている。無派閥で党内基盤が脆弱(ぜいじゃく)な菅氏が派閥とどのような間合いを築くのか。14日夜、早速、党4役と国対委員長のポストを5派に振り分ける人事を固め、各派に配慮を示した。

 「党員の意思が完全に反映された。圧倒的だ。党員・党友の皆さんは本格投票による結果と同じと受け止めると思う」。菅氏を支持した麻生派の甘利明税制調査会長は14日、菅氏が地方票の6割以上を獲得したことをそう評した。

この記事は有料記事です。

残り2251文字(全文2633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです