前理事長、在宅起訴 元慰安婦団体、不正流用 韓国検察

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 韓国人元慰安婦を支援する「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連、旧・挺対協)の寄付金不正流用疑惑で、ソウル西部地検は14日、前理事長で与党「共に民主党」の尹美香(ユンミヒャン)国会議員を詐欺や業務上横領などの罪で在宅起訴した。尹議員と共謀したとして、正義連理事1人も在宅起訴された。

 検察によると、尹議員は「ナビ(蝶(ちょう))基金」に寄せられた計3億3000万ウォン(約3000万円)のうち、5755万ウォン(約500万円)を私的に流用したり、挺対協の口…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

あわせて読みたい

注目の特集