福島第1原発事故 防潮堤、増強計画を公表 東電、23年度完成目標

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力は14日、日本海溝沿いの地震による津波に備えた福島第1原発の防潮堤新設計画を公表した。内閣府の有識者委員会が4月、地震発生が切迫していると評価したことを踏まえた対応。1~4号機の海側にある既存の防潮堤を増強し、全長600メートル、海抜13~15メートルにする。廃炉対策を検討する原子力規制委…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集