メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

ダイヤモンド・プリンセス号の実相/11 告発、差別 続く試練

船内活動の準備をするDMAT事務局員ら=厚生労働省DMAT事務局提供

 船内にはびこった新型コロナウイルスは手ごわく、悪戦苦闘の日々は続いた。

 神戸大学の岩田健太郎教授が2月18日、2時間ほど船内に入り、感染症対策の甘さをインターネットの動画サイトで告発(のちに削除)した。この影響でDMAT(災害派遣医療チーム)の応募が途絶えた。同日、DMATの隊員の感染も確認され動揺が広がっていく。

 12日から、感染症予防の専門家でつくる日本環境感染学会のチームが安全対策の指導を始めていた。チームが残した文書には手指消毒やマスクの扱い、検体採取の手順までこと細かく書かれている。これに準拠して活動は行われていた。ところが、ともに活動すると思われていた当の学会チームはわずか3日で撤退する。なぜだ。「危険」を感じたためなのか。DMAT隊員らに「専門家」への強い不信感が募っていたところに、岩田教授が来て告発したのだった。

 15日以降、船内の発熱患者は激減し、感染症対策が軌道に乗り始めていた。そんな時に「対策不足」を指摘された形だ。しかし、船内活動を指揮してきた厚生労働省DMAT事務局次長の近藤久禎(50)には自信があった。多くの機関と一緒に、絶望的な環境をここまで乗り切ってきたのだ。「どんな現場にもリスクはある。覚悟はみんな持っている。専門家は知識で指導しようとするが、それだけでは必ず困ったことになる」

 消毒や防護策をさらに徹底し、気持ちを鼓舞し合いながら、活動は最後まで続いた。彼らには現場を放棄することなどできない。

 しかし、その現場から帰還した医師らが、実は激しい差別に遭っていた。職場の病院に戻ったところ…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文982文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです