メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなのごみ

海への流出、網で食い止める 富山の河川、プラ回収実験

プラスチックごみを回収する「網場」の仕組み

 <くらしナビ・環境>

 国際的な環境問題となっている海洋へのプラスチックごみ流出を根本から食い止めようと、富山市は河川や用水路に網を張り、プラごみを回収する独自の対策に乗り出した。環境省も海洋プラごみ発生対策のモデル事業に指定するなど、効果に期待を寄せている。

 富山市は今年8月、市郊外の河川や用水路3カ所に網を設置した。ポイ捨てなどで屋外に放置され、川や用水路へと流れ出たプラごみを集める仕組みで、2カ月間設置して効果を確かめる。市などが2019年から試験を続けてきたプラごみ回収の実証事業を本格化する第一歩となる取り組みだ。

この記事は有料記事です。

残り1832文字(全文2096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  2. 神奈川・逗子斜面崩落 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです