メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなのごみ

海への流出、網で食い止める 富山の河川、プラ回収実験

プラスチックごみを回収する「網場」の仕組み

 <くらしナビ・環境>

 国際的な環境問題となっている海洋へのプラスチックごみ流出を根本から食い止めようと、富山市は河川や用水路に網を張り、プラごみを回収する独自の対策に乗り出した。環境省も海洋プラごみ発生対策のモデル事業に指定するなど、効果に期待を寄せている。

 富山市は今年8月、市郊外の河川や用水路3カ所に網を設置した。ポイ捨てなどで屋外に放置され、川や用水路へと流れ出たプラごみを集める仕組みで、2カ月間設置して効果を確かめる。市などが2019年から試験を続けてきたプラごみ回収の実証事業を本格化する第一歩となる取り組みだ。

この記事は有料記事です。

残り1832文字(全文2096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです