特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

菅新総裁、地元・神奈川で手堅い支持 「指導役」が語った駆け出し時代

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選終了後、壇上で議員らに手を振る菅義偉官房長官=東京都内のホテルで2020年9月14日午後3時37分、宮武祐希撮影
自民党総裁選終了後、壇上で議員らに手を振る菅義偉官房長官=東京都内のホテルで2020年9月14日午後3時37分、宮武祐希撮影

 菅義偉官房長官(衆院神奈川2区)が14日、自民党の新総裁に選出された。神奈川県選出国会議員の総裁は小泉純一郎元首相以来。党県連が所属する党員・党友を対象に実施した独自の予備選では菅氏が過去最多となる約8割の票を獲得。地元の支持を手堅く取り付け、他の2候補を大きく引き離した。【樋口淳也、中村紬葵】

 約6万1000人の党員・党友を対象とした予備選の結果は、菅氏が3万447票(得票率78・64%)を獲得して圧勝。石破茂元幹事長が6996票(同18・07%)、岸田文雄政調会長が1272票(同3・29%)となった。投票率は64・22%だった。

 県連は最も得票の多かった候補に持ち票の3票をあてる「総取り方式」としたため、県連の3票は菅氏に投じられたことになる。無効票は190票あり、河野太郎防衛相や安倍晋三首相らの名前が書かれたものもあったという。

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1351文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集