特集

2020自民党総裁選

自民党総裁選に関する特集ページです。

特集一覧

「原発事故も自助か」 帰還困難区域の被災者が菅氏に訴え 福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅氏が自民党の新総裁に選出をされる様子をテレビで見つめる今野邦彦さん=福島県桑折町で2020年9月14日午後3時21分、渡部直樹撮影
菅氏が自民党の新総裁に選出をされる様子をテレビで見つめる今野邦彦さん=福島県桑折町で2020年9月14日午後3時21分、渡部直樹撮影

 東日本大震災・原発事故からの復興、新型コロナウイルス対策など、課題が山積する中、事実上の次期首相となる自民党新総裁に14日、菅義偉官房長官が選出された。「自助、共助、公助」が旗印の菅氏に対し、福島県内の被災者やコロナ禍に苦しむ人たちからは、政府の主体的な取り組みを求める声が相次いだ。

「古里 元通りにして」

 「原発事故も自助から始めるのか。国のリーダーは公助から始めるべきでは」。帰還困難区域となっている浪江町赤宇木(あこうぎ)地区で自治会組織の副会長を務める今野邦彦さん(61)は午後3時すぎ、桑折町の避難先にあるテレビで、新総裁に選出された菅氏のあいさつを聞きながら、こう漏らした。

 赤宇木…

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1320文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集