メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅氏の出身地・秋田で自民総裁選PV 同期生ら万歳三唱 県出身初の首相へ

菅義偉氏が自民党新総裁に選出されたことを受け、万歳するPVの出席者=秋田県湯沢市で2020年9月14日午後3時24分、高野裕士撮影

[PR]

 東京都内で14日に行われた自民党の総裁選で、秋田県湯沢市出身の菅義偉官房長官が新総裁に選出された。菅氏は16日の臨時国会で県出身者としては初の首相に選ばれる見通しだ。同市内のホテルでは14日午後、菅氏の高校時代の同期生らでつくる「菅義偉 秋田ふるさと後援会」(高久臣一会長)の会員ら150人以上が集まり、パブリックビューイング(PV)で総裁選投開票の様子を見守った。【高野裕士、下河辺果歩】

 東京都内のホテルではこの日午後2時から党大会に代わる両院議員総会が開かれた。47都道府県連の代表者や国会議員が投票し、開票の結果、菅氏が次点の岸田文雄政調会長に288票の大差を付けて第26代自民党総裁に選出された。

 湯沢市のホテルのPV会場には256インチのスクリーンが設けられ映し出された投開票のテレビ中継を、集まった人々が画面に食い入るように見守った。午後3時20分ごろに全体の票数の7割を超える「377票」という菅氏の得票数が画面に映し出されると、会場では拍手が湧き起こり、「菅氏 自民新総裁に選出」というテロップと共に菅氏の姿が画面に映し出された瞬間には多くの人がスマートフォンなどでスクリーンを記念撮影していた。

菅義偉氏が他の2候補に大差をつける票数を獲得すると、会場内には拍手が鳴り響いた=秋田県湯沢市で2020年9月14日午後3時20分、高野裕士撮影

 新総裁に選出後、菅氏と小学校から高校までの同窓で、ふるさと後援会で幹事長を務める元湯沢市議会議長の由利昌司さん(71)が登壇。由利さんの掛け声の下、出席者による万歳三唱が響き渡り、会場内には「祝 菅義偉 自由民主党総裁就任」という横断幕が掲げられた。

 出席者は握手などを交わして喜びを分かち合った後、ウーロン茶で乾杯。由利さんは「(菅氏が)優勢なことは予想していたけれど、開票結果が出るまでは緊張した。得票数を見た時は身震いした」と喜びをあらわにした。由利さんは東京都などに人口が一極集中している現状を「全国の地方の共通課題」と評したうえで「地方のことをよく知っている人。新型コロナウイルス対策などに加え、中央と地方がバランスよく発展していける施策を期待したい」と話していた。

 会場で投開票の様子を見守った、湯沢高で3学年先輩の大石功(いさお)さん(74)=横手市=は菅氏に対し、高速道路などのインフラ整備や、若者が都会に流出しないための地方での雇用創出を期待するとしたうえで「東北人、秋田県民らしく粘り強く、着実に一歩一歩施策を進めてもらいたい」と語った。

 一方、菅氏の総裁選出を冷静に受け止める声も聞かれた。宮原晃・湯沢市議(共産党)は菅氏が目指す社会像として「自助、共助、公助」と繰り返し主張していることに触れ、「困っている人をまずは政府が支援することが必要なのではないか。安倍政権を継承するだけでなく、地方活性化のための施策をもっと打ち出してほしい。湯沢市においても、若者が地元に残りたいと思えるような町にして雇用を確保していくことが大切だ」と指摘した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです