メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新「立憲民主」が15日午後、結党大会 衆参150人で菅政権に対抗

(左から)枝野幸男氏、福山哲郎氏、泉健太氏

 立憲民主、国民民主両党などの合流による新「立憲民主党」は15日午後、結党大会を東京都内のホテルで開催する。衆参150人の勢力で、立憲代表だった枝野幸男氏が初代代表に就任。次期衆院選をにらんで決意や党運営の基本方針を表明する。16日に首相へ選出される自民党の菅義偉総裁による新政権に対抗する勢力の確立を目指す。

 新立憲の議員数は衆院107人、参院43人。野党第1党が衆院で100人を超えるのは、2012年12月に政権復帰を果たす前の自民党以来、約8年ぶりとなる。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです