特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

官房長官に加藤厚労相 派閥バランス型の自民新四役、午後決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸に入る加藤勝信厚生労働相(右)=東京都千代田区で2020年9月15日午前9時56分、竹内幹撮影
首相官邸に入る加藤勝信厚生労働相(右)=東京都千代田区で2020年9月15日午前9時56分、竹内幹撮影

 自民党の菅義偉新総裁(71)は15日、新たな官房長官に加藤勝信厚生労働相(64)=竹下派=を起用する方針を固めた。菅氏は16日の臨時国会で新首相に指名され、皇居での首相任命式と閣僚の認証式を経て新内閣が発足する。自民党は15日午後の臨時総務会で二階俊博幹事長(81)=二階派=の続投など新四役人事を正式に決める。

 閣僚人事では、麻生太郎副総理兼財務相(79)=麻生派、茂木敏充外相(64)=竹下派、赤羽一嘉国土交通相(62)=公明党、橋本聖子五輪担当相(55)=細田派=を再任させる方針を固めた。加藤氏の後任となる厚生労働相は、田村憲久元厚労相の再登板が有力だ。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文713文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集