メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

官房長官に加藤厚労相 派閥バランス型の自民新四役、午後決定

首相官邸に入る加藤勝信厚生労働相(右)=東京都千代田区で2020年9月15日午前9時56分、竹内幹撮影

[PR]

 自民党の菅義偉新総裁(71)は15日、新たな官房長官に加藤勝信厚生労働相(64)=竹下派=を起用する方針を固めた。菅氏は16日の臨時国会で新首相に指名され、皇居での首相任命式と閣僚の認証式を経て新内閣が発足する。自民党は15日午後の臨時総務会で二階俊博幹事長(81)=二階派=の続投など新四役人事を正式に決める。

 閣僚人事では、麻生太郎副総理兼財務相(79)=麻生派、茂木敏充外相(64)=竹下派、赤羽一嘉国土交通相(62)=公明党、橋本聖子五輪担当相(55)=細田派=を再任させる方針を固めた。加藤氏の後任となる厚生労働相は、田村憲久元厚労相の再登板が有力だ。

 菅氏は官僚トップとなる事務の杉田和博官房副長官(79)も再任させる意向だ。

 党役員人事では、二階氏の続投と、政調会長に下村博文選対委員長(66)=細田派、総務会長に佐藤勉元総務相(68)=麻生派、選対委員長に山口泰明組織運動本部長(71)=竹下派=を起用する方針。森山裕国対委員長(75)=石原派、林幹雄幹事長代理(73)=二階派=を続投させ、幹事長代行に野田聖子元総務相(60)=無派閥、組織運動本部長に小野寺五典元防衛相(60)=岸田派=を起用する。

 菅氏は15日午後の臨時総務会の前に二階氏ら新四役を党本部に呼んで就任を要請する。総務会の承認を受けて、新四役はそろって記者会見に臨む。その後、菅氏は公明党の山口那津男代表と国会内で会談し、連立政権樹立の合意文書に署名する。

 菅氏は総裁選で「派閥均衡型人事」を否定してきたが、党役員人事では、自身を支持した5派閥に主要ポストを均等に割り振っており、バランスに配慮した形だ。【東久保逸夫、遠藤修平、野間口陽】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです